近代スピリチュアリズム誕生の日

3月31日は、近代スピリチュアリズム誕生の日です!

 

今から168年前の1848年3月31日。この日、アメリカ・ニューヨーク州のハイズヴィルという名の閑村で“霊とこの世の人間が交信することができる”と多くの人により確認されました。

そのような理由で、この日が近代スピリチュアリズム誕生の記念日となっています。

 

その後、この事件はイギリスなどヨーロッパに渡り、心霊研究が始まるきっかけとなりました。以降、数多くの霊界通信が行われ、たくさんのメッセージがもたらされました。

初期の霊界通信は、ラップ音(叩音現象)や、テーブルを浮かせたりといった誰にでもわかる物理的な現象=“物理霊媒現象”で多く行われました。

その後、霊界からのメッセージは、さまざまな霊訓や、ヒーリング、言葉を使ったメッセージなどへと変わっていき、現在に至っています。

 

この日にいつも思うのは、たくさんの先輩方が関わり、誹謗中傷や苦難のなか、スピリチュアリズムを今日に残してくれたことへの感謝です。

先輩方の努力があって、いま、私たちがスピリチュアリズムの叡智を知り、学ぶことが出来ています。

当連盟では、先輩方の努力に感謝をしながら、近代スピリチュアリズムを学び、そして微力ながら後世へと伝えていきたいと考えています。 

(社)日本スピリチュアリスト連盟 代表理事 吉田きよみ